体臭を抑える生活習慣

体臭がきついとお悩みの方に夏というのはなかなか辛い季節かもしれません。

夏は新陳代謝がとても活発な時期です。汗をよくかくし、一日のうちの活動時間も冬に比べて長く、そして精力的に仕事をしたり、遊んだり・・・と忙しい時期でもありますね。冬の間は体がゆっくりと休むときに対して夏はその正反対のように感じます。

 

汗をたくさんかくと気になるのが体臭です。

体臭がきついとお悩みの方が一番夏に気にするケアは体臭ケアかもしれません。汗のにおいがきついと体臭がきつく感じますよね。汗は空気に触れて時間が経つとその匂いもきつくなっていくそうです。ですから汗のにおいが気になる…という方は、デオドラント剤を使ってその対策をするのが良いでしょう。成分に「Ag」銀が入っているものが体臭や汗の臭いも抑えるといわれています。デオドラント剤を使うのが苦手な方は一日のうちの何回かシャワーを浴びたり、着替えると良いです。清潔と思われる小さな赤ちゃんや子供でも、汗をたくさんかくこの時期に丸一日着替えないままでいると、汗が乾いた時に服からやはり汗の嫌なにおいが匂ってきます。汗をたくさんかく人はこの時期は汗を体や服になるべく残さないようにするのが嫌な臭いを防ぐ予防になります。

 

女性にはもうお馴染みのデオドラント剤ですが、最近は男性用のものもたくさん売られています。香りも様々なものがあって、男性用のデオドラント剤には男性が付けてもおかしくない香りがちゃんと調合されています。硬水を付けるのが苦手という方でもデオドラント剤の香りくらいならほのかにフワッと漂うような香りなので、嫌な気持ちにはならないでしょう。

 

体臭を抑えるために食生活を変えたり、病院に行ったり・・・、など体臭にお悩みの方は既に様々な対策をされていると思います。その習慣はそのままに、夏はそれにプラスアルファしてデオドラント剤を使う、シャワーを一日のうちに何回か浴びる、着替える、などの対策をしてみましょう。これらの方法の効果があることはもう立証されています。