体臭予防に効く食べ物

日本人は西洋人に比べて体臭がそれほどきつくないと言われています。

これは日本人が好んで魚を食べるからかもしれません。肉をたくさん食べる人は体臭がきついといわれます。これは消化に際に肉の方が魚よりも時間がかかり、そのせいで腸内環境が悪くなるから・・・などといわれています。腸内環境が体調を大きく作用することはもうわかってることですので、腸内環境を整えることが体臭予防に繋がるかもしれませんね。

 

体臭が匂う原因は様々ですが、体臭はたいてい汗などと一緒に体の外に出てくることが多いのです。加齢臭なども同じです。体から臭いが出る方法はそれほど多くなく、その一つは汗と共に毛穴から匂う物質が体内から出ます。ですから臭いの原因が何かよくわからない、原因がはっきりしない、という時には臭いの元である嫌な汗を洗い流す事が良いでしょう。それにはこまめにシャワーを浴びたり、デオドラント剤を使うのも良いでしょう。考えてみればデオドラント剤が使われていなかった昔はその役目を香水がしていました。現代人はあまりに香りが強いのも嫌ですから、香水よりももっと軽めのデオドラント剤などを使います。

でも国によっては、体臭を消すのに香水を使う方が主流のところもあって、そういうところに人は香水のにおいがきつく、それによって気分が悪くなることも…。

 

体臭予防にはどれを食べる、というよりも肉類を食べ過ぎないようにすること。たんぱく質は魚や豆類からも取ることが出来ます。そして体臭予防には腸内環境を整えるために食物繊維の多く含む野菜をしっかりと取ることも大切です。そして何しても、どうしても体臭がひどい時にはマメにシャワーを浴びたり、服を着替えるのが良いでしょう。デオドラント剤を使うのも良いですし、汗を拭きとる汗ふきシートのようなもの使うのも良い方法です。

 

体臭が匂うと思っていたのに、実は口臭が匂っていた・・・といった場合もありますので、歯磨きをしたり、虫歯の治療をしたりすることも間接的かもしれませんが、体臭予防につながります。それもお忘れなく!!

http://xn--vck8crc569o82ay53r3w3a.com/habits.html

 

体臭を抑える生活習慣

体臭がきついとお悩みの方に夏というのはなかなか辛い季節かもしれません。

夏は新陳代謝がとても活発な時期です。汗をよくかくし、一日のうちの活動時間も冬に比べて長く、そして精力的に仕事をしたり、遊んだり・・・と忙しい時期でもありますね。冬の間は体がゆっくりと休むときに対して夏はその正反対のように感じます。

 

汗をたくさんかくと気になるのが体臭です。

体臭がきついとお悩みの方が一番夏に気にするケアは体臭ケアかもしれません。汗のにおいがきついと体臭がきつく感じますよね。汗は空気に触れて時間が経つとその匂いもきつくなっていくそうです。ですから汗のにおいが気になる…という方は、デオドラント剤を使ってその対策をするのが良いでしょう。成分に「Ag」銀が入っているものが体臭や汗の臭いも抑えるといわれています。デオドラント剤を使うのが苦手な方は一日のうちの何回かシャワーを浴びたり、着替えると良いです。清潔と思われる小さな赤ちゃんや子供でも、汗をたくさんかくこの時期に丸一日着替えないままでいると、汗が乾いた時に服からやはり汗の嫌なにおいが匂ってきます。汗をたくさんかく人はこの時期は汗を体や服になるべく残さないようにするのが嫌な臭いを防ぐ予防になります。

 

女性にはもうお馴染みのデオドラント剤ですが、最近は男性用のものもたくさん売られています。香りも様々なものがあって、男性用のデオドラント剤には男性が付けてもおかしくない香りがちゃんと調合されています。硬水を付けるのが苦手という方でもデオドラント剤の香りくらいならほのかにフワッと漂うような香りなので、嫌な気持ちにはならないでしょう。

 

体臭を抑えるために食生活を変えたり、病院に行ったり・・・、など体臭にお悩みの方は既に様々な対策をされていると思います。その習慣はそのままに、夏はそれにプラスアルファしてデオドラント剤を使う、シャワーを一日のうちに何回か浴びる、着替える、などの対策をしてみましょう。これらの方法の効果があることはもう立証されています。

 

体臭は外からのケアだけでは防げない

体の外からの臭いケアとして例を挙げると、例えば食後に飲むカプセルタイプのものがありますよね。CMなどでも良く宣伝しているので知っている方も多いはず。そのメーカーをあげてみると、メジャーなのはDHCから出ている「エチケットカプセル」かもしれません。大手サプリメント会社から出ているものなので信頼できる商品ですよね。こちらはカプセル、といっていますがサプリメントのようなものです。パセリから取った精油が主な消臭成分で、たばこの臭いや香りが強い食事をとった後に摂取するとその効果が良く発揮されるそうです。口コミでは、「とても良い」と評判になっています。DHCでは「エチケットカプセル」以外にもローズオイルを使った「ブルガリアンローズカプセル」も販売しています。こちらは臭いをけす、体臭を消すというよりは体からバラの香りが漂うようにするサプリメントです。バラの香りが体から香るとしたら…、嫌な体臭も目立たなくなるでしょうね。

DHC以外では小林製薬から「ブレスケア」が販売されています。こちらは水で飲むタイプの息清涼カプセルです。体臭でなくキツイ口臭を防ごうというものです。体臭の予防にはなりませんが、でも口臭を抑える事でその人のイメージは変わります。

 

体臭の原因とされるもの一つに加齢臭があります。こちらは年齢を重ねていくにつれて、体の中でそれまでにしっかりと処理されていた臭いの原因が処理が甘くなりそれが原因で臭いが体の外まで匂ってくるのが原因といわれています。また年を重ねていくにつれて毎日、入浴しなくなったりすることにも原因があると言われています。体を清潔に、口腔内もしっかりと綺麗に保つと加齢臭を抑えることも可能です。

 

また食べるものによって体臭は変わってきます。(日本人ではそこまで体臭がきつい人は稀ですが)日本人以外の人達の中には食生活で肉をたくさん食べる国民もいます。そういった国の人達、肉が主食になっている民族は体臭がきつい人達が多いです。これも体臭がきつくなる原因の一つと知っておくのが良いかもしれません。